過去の野外手帳

〜2011年3月

過去の野外手帳インデックス最近の野外手帳

3月最後の里山歩き

写真下左:午後から小さな山歩き。雪がほぼ消えた山麓、林縁から聞こえてくる複雑な聞き慣れない囀りは、walkmanに入れておいた「野鳥大鑑」と照らし合わせ、カシラダカの春の歌と判明。あとで鳴き声を思い出して…というのはかなり困難ですから、持っていてよかったwalkmanです。

山麓山頂手前

写真上右:このあたりはこの山のカタクリポイントですが、雪の下でした。昨年は5月連休がちょうど見頃でしたので、まあ当然といえば当然の光景。ちなみに昨年5月の記事はこちら(「山笑う5月4日」

写真下左:谷に響き渡るくしゃみをしながら、スギ林の中を下山するの図。大くしゃみ連発でクマ避け鈴が不要でした。花粉症はクマとの遭遇回避に適です。

スギの下山路林道

写真上右:林道に下山。ここが一番雪が残っていて、スパッツがほしかったです。自衛隊機を思われる爆音に空を見上げればノスリが飛んでいました。震災救援関係なのか、その後も航空機の音は絶えず聞こえていました。改めて東日本大震災を思い、こうして山を歩いていられる幸せです。

2011年4月はじめ記

自宅周辺春探し

カメラを持って自宅のまわりを歩いてみました。画像は3月末のもの。

オオイヌノフグリの土手スイセンの開花もまもなく

オオイヌノフグリに覆われた土手。スイセンの開花もまもなく。

キタテハかなチューリップ順調

キタテハかな。チューリップ順調。

2011年4月はじめ記

ヒヨドリサラダバー

3月も大詰めの日曜日。自宅を11時頃出てふらふら散歩。小雪が舞い、気温3℃。里山は雪化粧でした。

畑ではヒヨドリがキャベツを採食中。かなりたくさん食べていました。内側はつつかないで下さいね。

ヒヨドリサラダバー

灯台もと暗しの森に到着。シジュウカラの囀り。花芽を啄むウソの群れ。他にシロハラ、カシラダカ、ホオジロ、カワラヒワ、アカゲラ、コゲラなどを観察しました。スギ花粉の飛散も視認しました。(-_-) 雪は北斜面に若干残る程度。

帰り道、リンゴ畑の中の雑木にホオジロの群れがいました。ちょっと驚いたのは、群れでいるにもかかわらず、囀っている個体がいたこと。今季初めてホオジロの囀りを聞きました。

帰宅後は早速洗顔洗眼点眼。この日は花粉に苦しめられました。本当なら生き物が生き生きと活動を始めるこの季節は大好きなのですけどね。

2011年4月はじめ記

白鳥は悲しからずや

長野は雪。高速では点灯しなければならないほどの降り方でしたが、安曇野に出ると青空が広がっていました。北アルプスの稜線は一部が見えていました。有明山が大きかく立派に見えていました。

安曇野には葬儀に出るために来ました。一緒に仕事をした方で、個人的にもとても世話になった方でした。急な訃報に接し、ただただショックでした。久しぶりに会ったもと同僚と「こんな形で再会するとは…」深いため息をついてしまいました。実は数年前にも、葬儀のために集まったことがあったのでした。一緒に仕事をした仲間を、これで2人も失ってしまいました。「どうして…」と集まった誰もが同じ思いでした。

帰り道、重たい気持ちで安曇野市のコハクチョウ渡来地に寄りました。まだ100羽以上が残っていました。

2011年3月おわり記

春が来ていた

仕事が忙しかったのと、東北関東大震災・福島原発事故のニュースに気持ちも重くて、外を歩いていませんでした。3月下旬、久しぶりに歩いたら、オオイヌノフグリが青い絨毯のように咲いていました。もう春になっていたんですね。

オオイヌノフグリ

少々花粉を感じるようになったのも春の訪れの証拠。花粉症になる前は春は大好きだったのに。灯台もと暗しの森に着くとヤマガラが囀っていました。これも春。

ふきのとう

そして見つけたふきのとうも春。

トラツグミ

今日はトラグツミを見ました。この写真ではトラツグミだけが写っていますが、シロハラと一緒に採食をしていました。
その他、ヒヨドリ、コゲラ、キセキレイ、ジョウビタキ、アオジ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、カケス。カシラダカは完全に夏羽でした。最後にウソの群れも見ました。アカウソでした。この春はここでウソが期待できそうです。

キジとツグミ

帰り道、雨が降り始めたリンゴ畑でキジとツグミのツーショット。ツグミはそろそろうきうき気分が隠せない、そんな感じです。

2011年3月おわり記

3月はじめの灯台もと暗しの森

先週に続いて鳥影の少ない森でした。先週よりは少し多くて、コゲラ、アカゲラ、エナガ、シジュウカラ、シロハラ、ノスリくらい。ただ、一生懸命枝をつついていたコゲラの赤い羽を見ることができたのは収穫でした。

シロハラ岩菅真っ白

スギの木が真っ赤になっていて、勘弁してくれ…という風景でした。3月上旬はまだ花粉を感じませんでしたが、これを書いている今は結構苦しめられています。

2011年3月おわり記

過去の野外手帳インデックス

このページのトップ