過去の野外手帳インデックス

野外手帳

楽しきは野山徘徊。

4/30の環水平アーク

「道ばたの森」から帰ってベランダで洗濯物を干していると、環水平アークが見えていることに気がつきました。

環水平アーク

1年前の5月にも環水平アークを見たことを思い出しました。あの時ほど鮮やかではありませんでしたが、十分にきれいでした。

環水平アーク

環水平アークに乾杯。

環水平アーク

その後は、庭で花と虫のマクロ。

マクロ

2018年5月おわり記

道ばたの森で幸せな朝

道ばたの森

4月連休3日目は、またしても道ばたの森へ。3日連続です。この日はデジスコを持ち込んでみました。

アオジ

昨日と同じくアオジとノジコがたくさん鳴いていました。その姿を双眼鏡の視野に捉えながら、すばらしい歌に聞き入ります。この多幸感をなんと表現したらいいのでしょう。

ノジコ

写真には撮れなかったのですが、イスカのオスメスペアを観察できました。この森では以前にもイスカを見ているので、ある程度定着していると考えてよさそうです。

その他、シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ヤマガラ エナガ、ゴジュウカラ、コゲラ、アオゲラ、アカゲラ、クロツグミ、アカハラ、キビタキ、コサメビタキ、サンショウクイ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、ニュウナイスズメ、ウソ、コガモ、キンクロハジロを観察。ニホンリスも見ました。

この日は1時間半の探鳥。昨日と同じく8時には家に戻りました。幸せな朝を過ごすことができました。

2018年5月おわり記

善光寺裏手ポタ

4月の3連休2日目の午後はポタリング。まずは善光寺まで行き(下写真左上)、そこから裏に回って山手の道に入ってみました。車で行くのはためらうような道でも、どんどん進めるのが自転車散策の楽しいところです。長年住んでいる街でも、知らない道はたくさんあります。

ポタリング

小さなトンネルがあって、写真を撮っていたらローディーが抜いていきました。こんなところに同じ自転車趣味の人が来るなんて思いませんでした(上写真右上)。道の脇にホタルカズラを見つけました(上写真右下)。こういう発見ができるのも自転車散策のいいところです。

イディオム2

フロントシングルで完全街乗り仕様のイディオム2ですが、坂も案外上れます。でも日頃の運動不足が響いてやっぱり途中で息が上がってしまいました。自転車を降りてしばし休憩。道の東に流れる沢沿いの木の上から、オオルリの声が響いていました。

2018年5月おわり記

アオジとノジコが歌う森

4月の3連休2日目は、昨日の午後に行ったばかりの道ばたの森からスタートです。5時台から行動開始。

リョウブ

リョウブの芽吹きは、柔らかい色で大好きです。

アオジ

そしてまず聞こえてきたのはアオジのさえずり。

ノジコ

そして、昨日はいなかったノジコも数個体確認できました。昨日はただ単に時間が遅かっただけなのかな。というわけでノジコの初認です。ツツドリも初認しました。

ヒガラ ヤマガラ キバシリ ゴジュウカラ

その他写真の4種以外では、ホオジロ、カシラダカ(夏羽)、コガラ、エナガ(尾が曲がっているやつ)、クロツグミ、コサメビタキ、ウグイス、ミソサザイ、サンショウクイ、ツバメ、ニュウナイスズメ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、イカル、モズ、コゲラ、トビを観察しました。

ミヤマエンレイソウ

昨日は歩かなかったエリアで、ミヤマエンレイソウなどを見ることができました。ニリンソウはまだちょっと早い感じでしたが、かなりいい感じでした。

ニリンソウ

コシアブラもいい感じ(ちょうど食べごろ)。でもここでは採ってはいけません。

コシアブラ

8時には帰宅し、アオジとノジコが歌う森から現実に戻りました。夢のような2時間の探鳥でした。

2018年5月おわり記

連休初日の午後は道ばたの森へ

連休初日の早朝はいつもの森で」「連休初日の午前は小布施巡りに」の続きです。一度帰宅し、家事を済ませて、午後は道ばたの森に行きました。我ながらはしゃぎすぎだとは思いますが、せっかくの天気のいい休日、しかも探鳥のベストシーズンですから貪欲に遊ぶべきです。

道ばたの森

この風景を彩るのはアオジのさえずり。クロツグミも歌っていました。ノジコはまだ未到着でした。水辺にはキンクロハジロのペアが。

キンクロハジロ

花はニリンソウが咲きはじめ。twiterで教えてもらって覚えたナニワズが林床に目立ちました。

ナニワズ

ショウジョウバカマがあちこちでとてもいい感じでした。この花は咲き始めが一番好きです。大きくなってしまうと被写体としても難しいです。ショウジョウバカマ

車に乗り込む前に見かけたのはシータテハかな。どこで厳しい冬を越したのでしょう。胸が熱くなる姿です。

シータテハ

こうして目一杯遊んで4月連休初日が終わりました。密度の濃い一日でした。幸せな一日でした。

2018年5月なかごろ記

連休初日の午前は小布施巡りに

連休初日の早朝はいつもの森で」の続きです。天気は抜群にいいし、買ったばかりのミニベロ・イディオムで出かけることにしました。

千曲川を渡って、小布施方面に行ってみることにしました。ここでオオヨシキリを初認です。

千曲川

小布施の街中はスルーして、雁田山山麓へ。この山にはたくさん登りましたが、最近は登る機会を逸してしまっています。山頂まで行く時間が確保できないことが一番の理由ですが、登山口近くにスノボの練習場ができて、雰囲気が変わってしまったことも一因です。

岩松院の天井絵を久しぶりに見たくなりましたが、時間の都合上泣く泣くカットして、外観の写真だけ。

岩松院

小布施と言えば、その町並みの雰囲気、栗菓子などがその魅力として挙げられるでしょう。個人的には、長野県北部から新潟県の火山群をずらりと見ることのできる山岳展望も、大きな魅力だと思います。下の写真は左から飯綱、高妻、黒姫、火打、妙高。さらに左に画角の外になってしまっていますが斑尾が見えます。

火山群

帰路は千曲川の堤防で八重桜の眺めを楽しめました。

イディオム

4月大型連休の外遊び第2弾(午前の部)はこれでおしまい。自転車を買って、短い時間でも充実した時間を過ごすことができるようになりました。とてもいい買い物をしたと思いました。
午後はこちら

2018年5月なかごろ記

連休初日の早朝はいつもの森で

4月下旬、大型連休の初日は、朝5時台から灯台もと暗しの森へ行きました。晴れ、気温8℃のコンデション。
着いてまず聞こえてきたのは、キビタキとセンダイムシクイ、そしてエゾムシクイのさえずりでした。エゾムシクイは例年数日で通過していってしまうので、今年もなんとか会えたなぁという感覚を味わえます。ヤブサメ、サンショウクイの声も聞きました。

灯台下暗しの森

冬鳥もまだ残っていて、シメの声に存在感あり。そしてキビタキの歌を聞きながら、木々の梢でマヒワの群れが採食しているシーンを見るなど、冬鳥の夏鳥の両方を楽しめた森歩きになりました。

キビタキ

4月大型連休の初日の朝はこうしてスタート。家に帰ってまだ7時。この日の外遊びは3段ロケット仕様でした。続きはこちら

2018年5月なかごろ記

思い残すことはない

キブシ、ヤマブキ、チョウジザクラの咲く4月下旬の里山です。

キブシ

この春はとにかく花が早くて、セツブンソウもサクラもリンゴも例年より1-2週間は先走っていた感じでした。近所の里山のカタクリは、いつもなら大型連休でも大丈夫なのですけれど、今年はもう終わってしまっただろうとあきらめていました。それでもとりあえず見に行ってみるか…と行動してみたのが今回は幸いでした。カタクリはまだまだ見事な姿を見せていました。

来てよかった!と心から思いました。歩きはじめの時刻が遅かったので、山頂へは行かないことを決め撮影に専念しました。スプリング・エフェメラルには本当に心奪われてしまうのです。

カタクリ

こんな贅沢な眺めを、誰もいない山の中で独り占めできる幸せをなんと表現したらいいのか。春の野山はいくら時間があっても足りないくらいです。

カタクリ

夕日に透けるカタクリに心を奪われました。この日は4時半までには戻るミッションでしたので、名残はつきねど山を降りました。

カタクリ

山麓に戻ると、モモの花がカタクリと同じように夕日に花びらを輝かせて美しかったです。

モモ

この日は、もっと時間がほしかったとは思いましたが、もう思い残すことはないと言ってしまえるほど美しい一日でした。

モモ

2018年5月なかごろ記

イディオムで森へ行く

自転車を買いました。これまでもクロスバイクは持っていたのですが、12年が経ち外置きをしていたこともあってかなり傷んでしまって、ここ2年ほどはほとんど乗れないでいました。でも自転車生活を取り戻したいという気持ちはずっと持っていました。

また、休日の介助が朝昼夕と入る生活の中では、まとまった行動時間を確保するのが難しいのですが、自転車なら少しの空き時間でもアクティブに遊べるだろうという目論みがありました。
近所の鳥散歩でも2時間くらいはほしい。車を使って鳥を見に行くのであれば、往復を考えると4時間はほしい。山歩きなら6時間はほしい。でも現状では3時間が限度なので、山は本当に近い里山以外は無理で、鳥見も行ける場所は限られるのですが、自転車なら1時間でもかなり遊べると考えたわけです。

イディオム

そんなこんなで、やってきたイディオム2。玄関にも置けるミニベロ(小径車)です。フレームはたためませんが、ハンドルが折れる構造なのでかなりコンパクトな佇まいです。

初めてのおでかけは灯台もと暗しの森にしました。まだ4月下旬の頃でしたので、リンゴの花が満開で、その中を爽やかに走り抜ける気持ちよさを味わうことができました。いつも歩いている畦道もなんだか新鮮な印象です。

イディオム

森へ到着。自転車をおいて芽吹きの始まった森を歩きました。夏鳥ではセンダイムシクイやサンショウクイが盛んに鳴き、ヤブサメも見ることができました。この森には4月下旬の数日だけ滞在するオオルリが確認できて、嬉しく思いました。

灯台下暗しの森

その他、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、イカル、シメ、スズメ、ヒヨドリ、キセキレイ、ツバメ、ツグミ、ムクドリ、キジバト、ハシボソガラスを確認。花ではウグイスカグラとムラサキケマンが印象的でした。

ウグイスカグラ

この森では珍しくバズーカレンズを抱えたカメラマンに会いました。しかも2人も。探鳥地としてはまったく無名の場所です。地元の方なのでしょうか。
お気に入りの静かな森なので、ネットでいろいろ取り上げられるようなカメラマン絡みのいろいろな問題事例が、ここで起こらないことを切に願うばかりです。これはカメラマンへの偏見なのだろうとは思うのですが、あまりにも伝わってくる話がひどすぎてですね。

というわけで、初めてのミニベロでの外遊びでした。この日は森で歩いた時間を含めても1時間ちょっとで充実した外遊びができました。さすが自転車の威力です。これから楽しめそうです。

2018年5月なかごろ記

2本の桜

開花時期と休みとがなかなか合わず、毎年見られるとは限らない長野市の隣町の2本の桜を、今年は見ることができました。やはり例年よりは早い開花でした。4月中旬日曜日。

オオヤマザクラとシダレザクラ

2018年4月おわり記

アケビ咲く

4月中旬畦道散歩。10時14℃晴れのコンディション。

カキドオシ

カキドオシの花が一気に目立つようになりました。週ごとに見えるものが変わっていきます。

サクラ

サクラはさすがに散り始め。近所で最後まで粘っていたウメの花もおしまいです。

アケビ

サクラが散るとアケビです。アケビポイントにいそいそと向かうと、この間は蕾だった花が開いていました。この時季の楽しみのひとつです。

アケビ

リンゴの花はもうすぐ。

リンゴ

若葉の中にアトリを見つけました。シメもいましたよ。

アトリ

2018年4月おわり記

近所の公園で

サクラのお花見に行きました。一度目は父と。二度めは妻と。

サクラ

シダレザクラはこれからという感じでした。メジロがたくさんいました。

シダレザクラ

林床で見つけた羽根。シロハラでしょうか。彼に何があったのか。

羽根

2018年4月おわり記

雪のち春

4月2回目の日曜日は雪予報。朝起きてみると、予報通りうっすら雪が積もっていました。写真的に面白そうなので、カメラを持って外に出ます。7時前で気温は1℃でした。

雪の畦道散歩

サクラと雪のコラボに期待したのですが、ベチャベチャ雪で絵としては今ひとつでした。

雪とサクラ

野の花も雪を被ります。画像はヒメオドリコソウ。

ヒメオドリコソウ

うっすら白く雪をかぶった風景の中でしたが、ホオジロがさえずっていました。あの歌は確かに春の歌。

今季はあまり見かけていなかったベニマシコを見ました。雪が呼んだかベニマシコ。ベニマシコの写真はないのでヒヨドリとツグミとカワラヒワで。

ヒヨドリ

ツバメは見かけませんでした。虫が飛んでいないのだから道理ですけど、この寒さは夏鳥には厳しいだろうと心配になりました。でも、歩いているうちに太陽が顔を出し、気温が上がって雪はあっという間にとけてしまいました。下の画像は畦道散歩の帰り道のもの。上の画像との対比がすごすぎます。わずか2時間ほどの畦道散歩で、冬と春との両方を体感しました。

ナナホシテントウ

2018年4月おわり記

春の日が落ちる頃

ここから4月の記事です。4月最初の土曜日、夕方から畦道を歩きました。リンゴ

1週間前にはまだ固いつぼみだったサクラは、一気に開花していました。この春の進み方の速さは、ちょっと体も気持ちもついていけないほどでした。

サクラ

ウメもまだまだ咲いていて、一気に花の季節が到来した感じがしました。今年は特にウメとサクラの花期が重なった春になりました。

ウメ

遠くから聞き慣れない鳥の声がします。近くまで行って声のする方向を見上げてみても、ヒヨドリとムクドリとツグミしかいません。直接鳴いているところを見ることはできませんでしたが、どうやらツグミのぐぜりだったようです。

ヒレンジャク

すると少し離れた木から、今度は聞き覚えのある声が。なんとまたしてもヒレンジャクです。マクロレンズしか持っていなかったので、上のような写真しかありません。この春はもうこれで何度目だろう…というくらい、本当にヒレンジャクに恵まれました。およそ30羽の群れでした。

サクラ

日が落ちてからサクラの色は妖しいほどにますますく美しく、すてきな春の一日はこうして暮れていきました。

2018年4月おわり記

ウメ咲く頃の畦道散歩

3月最終日、庭のウメはほぼ満開でした。

ウメ

朝はマイナス1℃と冷え込みましたが、歩き始める頃には9℃まで気温が上がってきました。先日初認したツバメも飛び交う青い空にウメが映えます。

ウメ

サクラ(下写真左上)はまだまだでした(でもこの後わずかな期間で一気に咲くことになります)。右上はリンゴのつぼみ。左下はアケビです。

つぼみ

上写真右下はテングチョウ。この日はモンシロチョウとモンキチョウも見ました。

畦道

先日までレンジャクを連続して観察した場所に行ってみましたが、さすがにもう会うことはありませんでした。冬鳥ではツグミはまだまだよく見かけるものの、数はだいぶ減った印象を持ちました。あと、アトリとシメを観察しました。

2018年4月おわり記

平日休みはスプリング・エフェメラル

平日休みはスノーシュー」のつづき、3月おわりの外遊びです。午前中は戸隠でのスノーシュー。午後は花見の計画でした。デイサービスのお迎えは4時半なので、それまでに戻る必要がありました。結構ぎりぎりの計画です。

花見と言ってもサクラではなく、セツブンソウです。今年は見頃が早いという話でしたので、だめもとでした。群生地につくとまだ咲いている花はまばらでしたが、今年もなんとかセツブンソウを見ることができました。

代わりに、いつもセツブンソウが見頃の頃はまだ出始めのアズマイチゲが、とてもいい感じで咲いていました。アズマイチゲは大好きな花です。

アズマイチゲと同じくらい好きなヤマエンゴサクもたくさん咲いていて、この時季もいいなと思いました。

そしてカタクリも。スプリング・エフェメラル万歳。

2018年4月おわり記

平日休みはスノーシュー

庭のウメが咲き始めた3月おわり、年度末の仕事の山を何とかやっつけて、平日の休みが取れました。

ウメ

普段の土日休みでは、介護のため連続して長い時間行動することが難しいのですが、平日休みならデイサービスの恩恵で半日くらいは大丈夫です。どこに行こうか迷ったのですが、戸隠のミズナラの巨木に会いに行くことにしました。

戸隠スノーシュー

スノーシューをはいて出発。戸隠山がどーんと見えて、控えめに言っても最高の気分です。

戸隠スノーシュー

積雪は1mくらい。渡らなくてもいい川を渡ってみたりしました。

戸隠スノーシュー

下はゴアテックスのアウターをはきましたが、長袖Tにシャツで行動できるくらいの気温で、手袋もいりません。日差しが暑くて、木の陰に入って一息つきました。

戸隠スノーシュー

巨樹のエリアに入ってきました。ミズナラの巨木はすぐ近く。

ミズナラ大王

最近樹勢が衰えているという話を聞くこともあるので心配でしたが、堂々たるミズナラに会うことができました。ほんとは雪をかぶっている2月に来たかったけれど贅沢は言うまいて。

ミズナラ大王

どの角度から見てもかっこよすぎます。

ミズナラ大王

この樹を撮るためだけに超広角レンズがほしいと思っています。

ミズナラ大王

「ミズナラ大王」に別れを告げて、いつものお蕎麦屋さんで腹ごしらえ。この日の午後は花見に行くと決めていたのでした。平日休みは忙しい。つづく

鴨ざる

2018年4月おわり記

ヒレンジャクを見すぎたかも

朝露

朝露の美しい朝の畦道散歩です。ピカピカの野の花たちを撮りながら歩く道の楽しさよ。遠くに出かけることが叶わない身ですけど、この道とマクロレンズがあるからこそ、やっていけると言えるのです。もう私にとってレンズ、カメラは生存意義なのかもしれないです。

ナズナ

でも望遠レンズも持ち歩きたいので、ただの畦道散歩のはずなのに、一眼レフ2台持ちの重装備体制になりがちです。元々探鳥が出身なので、望遠で撮れる写真も楽しいし。

スズメ

 もちろんカメラ以外に双眼鏡も外せないので、だんだん荷物が重くなりがちです。

オナガ

さて、この間ヒレンジャクの群れを見た場所に来ました。そしたら、またしてもまさかのヒレンジャク。今季は本当にたくさんのヒレンジャクの観察機会を持つことができました。

それはとても嬉しいことですが、逆にこれからしばらくはレンジャクを見ることはできないのだよ!という啓示なのではないかと思ってしまうほどです。

灯台下暗しの森近く

2018年4月なかごろ記

3月下旬の灯台下暗しの森

灯台下暗しの森

灯台もと暗しの森、この場所には本当に愛着があります。でもダンコウバイの花をここで見たのは初めてでした。好きで通っている場所でも、知らないことはたくさんあるのだなと思いました。自然の底が知れないです。

ダンコウバイ

アトリの群れを見かけました。卵塊はヤマアカガエルと思われます。

アトリ

2018年4月なかごろ記

畦道散歩でまたしても

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリは帰化植物ではありますけれど、もはや日本の春を代表する花ですよね。この花がつくる水色の絨毯の中をツグミが採食していました。とってもすてきなシーンでした。ピントが甘く、かつ露出オーバー気味になってしまったのが悔やまれます。

ツグミ

畦道の脇にはオオイヌノフグリ以外の花もたくさん咲いていました。個人的にはホトケノザが好きです。

スイバ

春の光に誘われて、カネチョーロ(ニホンカナヘビ)、モンキチョウ、モンシロチョウ、キタテハ。

キタテハ

モズは他の鳥の鳴き真似を取り入れたさえずり。他にはホオジロとイカルのさえずりを聞きました。

モズ

冬鳥ではツグミ以外にシロハラ、アトリ、シメを確認。そしてびっくりしたのは、またしてもヒレンジャクの群れに出会ったことです。前回に続きの観察で、2試合連続ホームランって感じです。今季はもう数年分の連雀運を使い果たしてしまったのではないでしょうか。

ヒレンジャク

2018年4月はじめ記

3月中旬ヒレンジャク

スズメ

3月中旬畦道散歩。氷が張る寒い朝でした。

畦道散歩

灯台もと暗しの森まで行くとヒレンジャクに会いました。12羽の群れでした。

ヒレンジャク

これでヒレンジャクは今季4度目の観察機会でした。当たり年なのかもしれません。

ヒレンジャク

林内を頻繁に飛び回り、なかなかじっくりと観察・撮影はできませんでしたが、長い時間楽しめました。

ヒレンジャク

見れば見るほどすてきな鳥です。

ヒレンジャク

だんだん群れは森の奥へ。

ヒレンジャク

驚いたことに、灯台もと暗しの森からの帰り道、別の場所で再びヒレンジャクの群れを観察しました。16羽の群れでした。やっぱり今季は当たり年みたいです。

ヒレンジャク

2018年4月はじめ記

自宅を出たらいきなりハイタカが飛びました

3月上旬の日曜日、朝ベランダで洗濯物を干していたら、なんとヒレンジャクが6羽通過。快晴の気持ちいい日。午後からお散歩。そして表題の通りハイタカの出現です。なんかすごい日。

ハイタカ

慌ててバッグからカメラを取り出しました。

ハイタカ

ハイタカは畦道散歩初記録。というわけで歩きはじめからテンションの上がる散歩でした。

オナガ

写真ではわかりにくいのですが、ハシボソガラスが枝をくわえていました。
この日は20℃を超え、暖かな日でした。キタテハを見かけ、3月上旬にしてモンシロチョウも初認。twitterでモンシロは早すぎるんじゃないの?と言われてしまい、ほんとにモンシロチョウだったよな?と一瞬考えてしまいました。

灯台下暗しの森

灯台もと暗しの森まで行ってみましたが、この日はアトリやシメ、ジョウビタキ、シロハラなどの冬鳥に会うことはありませんでした。ツグミはまだたくさんいましたけれど。

2018年4月はじめ記

冬を乗り越える美

3月最初の畦道散歩は午後から。春を迎えようとするトウダイグサの美しさにやられました。

畦道散歩

2018年4月はじめ記

過去の野外手帳インデックス

このページのトップ