過去の野外手帳

〜2010年3月

過去の野外手帳インデックス最近の野外手帳

ジテツーピッポ

3月に入って少しはジテツーできる日が多くなるかと思いきや、天候不順だったり寒さにめげたりして、なかなか日数・距離とも増えませんでした。

それでも車ではあり得ない発見もあって、やっぱりジテツーは楽しからずや。

3月も残り3日となりましたが、自転車通勤は不可。
そこで、少し早目ですが今月を振り返ってみますと、一番の収穫は用水沿いでピッポピッポと鳴くベニマシコの声。今冬は赤い鳥をあまり見ることがなかったので、やっぱりこういうのは嬉しいです。あと、そういえばいきなり飛び立ったキジの雌3羽によって、若干寿命が縮む思いをしたことも印象的でした。

帰り道、息子たちがフクロウの声を聞いた体育館方面に、坂道をえっちら上って寄り道をしてみたのですが、そちらは相変わらず空振りです。

ツバメの初認がいつになるかも楽しみなのですが、3月28日現在、まだ果たせていません。今夜は雪ですから、まだ来なくて正解です。

2010年3月おわり記

凸に登ってみる

ちいさな山そばを通る度に気になっていた、小さな小さな山。山というよりは「出っぱり」というか「凸」に近い存在です。

登山道はありませんが、雪のある今なら登れる。というわけで、近くに来たついでに一頑張りしてみることにしました。
「雪を背負って登り、雪を背負って降りる…」と、気分だけは「劔岳・点の記」であります(スケールは1:144くらい?ってガンプラか)。

西側から取り付きます。
見た目より傾斜は急で(というか、直登するからいけないんですが)、スノーシューの爪のききが悪く、一歩一歩ゆっくり登っていきます。

歩いたルートは比較的若い林の中でしたが、頂上近くには大きなブナ(たぶん)が1本だけ立っていました。しばし見上げて、その後数枚写真を撮りました。

頂上には青いテープが風に揺れていました。展望は特になし。でもいつかは登ろうと、数年来思っていた山なので満足でした。

北に延びる尾根を下りました。尾根の末端で尾根筋を外れて麓に下りると、ニホンリスに会いました。なめらかな動きで雪面を素早くかけていきます。
カメラを出す余裕はありませんでしたが、足跡だけは撮りました。

2010年3月おわり記

軟弱すぎ

灯台もと暗しの森雪が舞う日。自宅周辺では積もりませんでしたが、灯台もと暗しの森はうっすら白くなっていました。鳥影はまばら。いつものメンバー、どこでどうしているのやら。

3月の天候はめまぐるしすぎて、すごく暖かくなったかと思えばまだ降雪もあります。寒暖の差が激しいのはなかなか大変なのですが、人間は衣服で調節できるのだから、毛皮一枚で暮らしている動物(鳥の場合は"羽毛1枚"じゃない…、何と言えばいいのだろう?)に言わせれば軟弱な発言。
室内にいれば空調も使い、ちょっと寒ければ暖房を入れ、ちょっと暑いからといって冷房を効かせていれば、さらにさらに軟弱になっていくわけです。

このあたりでも、発掘で古代の住居跡が見つかることがあるのですが、当時もやっぱり冬は寒かったでしょう。衣服も寒さを防ぐには不十分、火を使ってもしれたものだし、暮らしていくのはなかなか大変だっただろうと、軟弱者としてはときどき考えるわけです。

2010年3月おわり記

難しすぎ

息子を隣市の体育館へ送った帰り道、ハイタカを見ました。

とはいっても、ハイタカ属の見分けは全く自信がなく、これまでこのサイトで「オオタカ」と紹介してきた記事の根拠は、割と近距離で見ることができたことが多かったこともありますが、大きさがカラスくらいであったということだけです(とまっている場合や、人に教えてもらった場合は別)。

たぶんハイタカ

で、この日のタカは、大きさはカラスより明らかに小さく、飛んでいる姿も翼が短く感じたので、ハイタカとしてみたのでした(上の画像はイラストなのでいい加減です)。

「BIRDER」2009年8〜10月号でハイタカ属の識別について扱っていたので、買って読んでみたのですが、ますます混乱しそうでした。しっかり写真に撮って、あとで詳細に検討しないと正確な同定はまず無理だと思いました。

調査をしているわけではなし、見極めたいという気持ちは捨てたほうがよさそうです。私にはあまりにも難しすぎ。

2010年3月おわり記

モズの春のつぶやき2

モズの春のつぶやき

イラストは前回の使い回しです。すみません。この日は完全にオオヨシキリでした。自宅周辺にはオオヨシキリはいないし、どこで覚えてきた?

2010年3月おわり記

ノスリの背中

電柱ノスリ

通勤途中、電柱にとまって背中を丸め、ネズミ?を探しているノスリを見ました。
通行量の多い幹線道路沿いですが、ノスリは比較的よく見かけます。意外と平気なのね。

2010年3月なかごろ記

モズの春のつぶやき

モズの春のつぶやき

自宅前の電線にて、ホオジロ風味でした。

2010年3月はじめ記

雪の小川沿いを歩く

雪の小川

雪深い雪原を縫う小川に沿って歩いてみました(2月終わりの話です)。カワガラスがいるかなと思いましたが、会えませんでした。そのかわり、氷の造形を楽しんで歩きました。

雪の小川

ヒガラが囀っていました。春らしい素敵な音風景でした。

雪の小川

帰り際、ちらちら動く鳥影に双眼鏡を向けてみると、ゴジュウカラたちでした。
混群に入ることはあっても、群れを作るという印象がなかったのですが、この日見たのは、明らかにゴジュウカラだけの群れでした。近くに他のカラ類がいたのかもしれませんが、ちょっと珍しい感じがしました。

2010年3月はじめ記

過去の野外手帳インデックス

このページのトップ