過去の野外手帳

〜2012年10月

アラフィフの憂鬱

裏ルートこのルートを歩いて人に会ったことは一度しかありません。

人気の山で、主要な表ルート2本は人の姿が絶えませんが、山頂から一歩「裏」コースに足を踏み入れると、全く別の山歩きが待っています。

このルートでは一度分岐を間違えて怖い思いをしました。
自分のサイト内で検索をかけてみたらもう7年も前のことでした。でもその時の記憶というか不安感は今でもよく覚えています。

これまでほとんどの山を単独で歩いてきて、幸いにして大きな失敗をせずにやってくることができました。ただ、小さな失敗は数限りなくしてきていて、このルートでの「迷い」も、一歩間違えれば回りに大きな迷惑をかける結果になっていたと思います。

40代後半からは山に入る回数が減り、体力的にもその小さな失敗をリカバリーする能力が落ちてきているように思います。これからも山を歩くことはやめないと思いますが、自分が以前のままではないことをしっかり自覚しないと、危ない目に遭うかもしれません。

だいたい、最近はけがの治りが極端に遅くなりました。生物としての力が衰えてきていることを実感します。

2012年11月なかごろ記

昼休みの空

昼休みの空昼休みにふと空を見上げていると、見事な雲が浮かんでいました。

これは写真に撮るべきだ!と思ってカメラを取りに行って戻ってくると、雲は随分東に流れてしまい、形もかなり崩れてしまっていました。

そんなわけで、撮れた空は「イイ!」と思った空とはずいぶん違ってしまいました。素敵な空とは本当に一期一会だと思ったのでした。

そんなことをしみじみ感じていると、この空を背景にノスリが1羽、、南にすーっと流れていきました。
「?!」と思っているうちに立て続けに3羽。あの飛び方は渡りです。

今季はタカの渡りを見に行かなかったのですが、こうして偶然見ることができました。短い昼休みでしたが、視界が無限に広がったような感じがしました。涙が出てしまうようなこの感覚を、今年も味わえてよかったです。

2012年11月はじめ記

紅葉狩りドライブで出会ったキノコ採り

中腹の色づき

前日に登った山を麓から眺めます。中腹の色づきが見事でした(10月中旬)。この日は両親を連れての紅葉狩りドライブです。志賀も考えたのですが、乗車時間の短さや混雑の具合を考えて某高原にしました。

山麓1/4周

標高1000m前後の山麓を1/4周して帰ってきました。喜んでもらえて何よりでした。

キノコ某

車をとめて少し歩いた場所で、このキノコを採っている人に出会いました。
「キノコ詳しいですか?これナメコですよね?」と聞かれました。キノコは好きですが、識別は得意ではありません。地面から生えているように見えるので、ナメコではないと思いますとだけ答えておきました。大体、人に聞かないと分からないキノコを採るべきではありません。篭の中にはだいぶ入っていたのですが、彼らの無事を祈っています。

2012年11月はじめ記

体力落ちた

秋の山

天気のいい秋の休日。どこの山に登るか迷ったのですが、ツイッターのフォロワーさんが登っているという某山に出かけて、すれ違いを試みました。この山は今年3回目。通算だと数十回は登っているたおやかな山です。

秋の山

鮮やかな色に心の中で歓声を上げながら登りました。頂上近くで、そのフォロワーさんとのすれ違いを果たし、この日のミッションは無事完了となりました。

秋の山

今年はあまり山を歩いていなくて、それが確実に自分の体力を削いでいることを実感しました。登りはまあいつも通りだったのですが、下りは思っていたより時間がかかってしまいました。

秋の山

上は、この山で一番好きな北方面の眺めです。山の秋は本当に美しいと改めて思いました。年内にもう一度登りたい…と思っていたのですが、この山を登った2日後に肉離れをやってしまいました。半月たった今もかなり違和感が残っていて、また山から遠のいてしまいそうです。

2012年11月はじめ記

個人的名所

紅葉

山歩きの帰り道にちょっと立ち寄ってみた紅葉の名所(個人的選定)。色づきはウルシが中心で、まだこれからという感じではありました。

紅葉

でも、こういう色が見られて最高でした。そして「紅葉」もいいけど、「黄葉」もいいなと改めて思ったのでした。

黄葉

これは10月中旬の写真です。もう散ってしまったことでしょう…。毎年のことながら、長野の秋は短いです。

2012年10月おわり記

紅葉愛でる山歩き

紅葉

濃緑との対比が渋い美しさ。亜高山帯ならではの風景です。

登山道

苔むした登山道を上ります。双眼鏡や望遠レンズを持たずに歩いたのですが、こんな時に限ってメボソムシクイが手の届くほどの近さに来ました。もっともこれほど近いと双眼鏡はいりませんでした。

紅葉

針葉樹の合間に赤い色を見つけては歓声を上げ、林床の小さな造形にも心奪われ、なかなか足が進みません。最初から、歩きに来たと言うよりもこっちが目当てだったこともあります。

ベニテングなど

小さな池を見下ろせるポイントで一息つきました。

黄葉

ルリビタキにも出会えました。鳥はほかにエナガ、コガラ、ウグイス、カケスなど。

紅葉

登山口近くで見かけたコシアブラです。この淡い緑色が大好きです。心満ち足りた静かな山歩きでした。

コシアブラ

2012年10月おわり記

ジコボウシーズン

ジコボウ

今年は猛暑でキノコが不作というニュースです。でもジコボウ(ハナイグチの長野名)を見つけました。うれしい秋の収穫です。

2012年10月なかごろ記

アケビシーズン

あけび

実りの秋は、採らなくても見るだけでも楽しい。

2012年10月なかごろ記

過去の野外手帳インデックス最近の野外手帳

このページのトップ