鳥山絵葉書

長野から野鳥と山歩きをめぐる情景を発信するwebサイトです。最近は諸事情により鳥も山も活動休止中です。

西の空

「西の空」 2019年9月はじめ →過去の表紙画像

最近の更新過去の更新
2019/09/17/野外手帳「千曲川沿いポタリング」
2019/09/17/野外手帳「夜ポタ善光寺」
2019/09/16/野外手帳「戸隠花々」
2019/09/16/野外手帳「戸隠虫々」
2019/09/15/野外手帳「道ばたの森の蝶と蛾とそのほか」
2019/09/15/野外手帳「ツリフネソウが咲く頃」
2019/09/09/野外手帳「スズメの水浴び」
2019/09/09/野外手帳「ヤイトバナとガガイモが咲く頃」
2019/09/08/野外手帳「夜の雲 昼の雲」
2019/09/08/野外手帳「月夜のミニベロ」
2019/09/07/表紙画像「西の空」
2019/09/06/野外手帳「彩雲」
2019/09/06/野外手帳「夏ポタ」
2019/09/01/野外手帳「アサギマダラと若鳥たち」
2019/09/01/野外手帳「夏の高原で虫探し」

2019/08/31/野外手帳「今のわたしが届くぎりぎりアルプスその1・その2」
2019/08/26/写真倉庫549「虹のむこうの山並み」
2019/08/26/写真倉庫548「未来あるマルバダケブキ」
2019/08/25/野外手帳「湖畔の鳥と花」
2019/08/25/写真倉庫547「無我の境地」
2019/08/25/写真倉庫546「渋いトラック」
2019/08/25/表紙画像「ヤイトバナ」
2019/08/20/野外手帳「蛾探」
2019/08/20/野外手帳「林道探蝶」
2019/08/20/野外手帳「夏の夜ライド」
2019/08/20/野外手帳「善光寺ポタ」
2019/08/19/野外手帳「深山紋黄」
2019/08/18/野外手帳「グンバイヅルを知る」
2019/08/18/野外手帳「最後はキシタギンウワバとコンボウアメバチ」
2019/08/17/表紙画像「今夏も会えたアサギマダラ」
2019/08/13/野外手帳「深山の蝶」
2019/08/12/野外手帳「個人的探蝶会」
2019/08/11/野外手帳「小さくて広い世界」
2019/08/10/野外手帳「田んぼのサギ」
2019/08/10/野外手帳「アサギマダラに会えた」
2019/08/09/野外手帳「盛夏の花」
2019/08/09/野外手帳「幼鳥シーズン」
2019/08/08/野外手帳「トガクシノムシムシ」
2019/08/07/表紙画像「居並ぶアキアカネ」

2019/07/29/野外手帳「アブラゼミ初鳴日」
2019/07/29/野外手帳「ヤブカンゾウを食べてみる」
2019/07/29/野外手帳「セグロシャチホコ」
2019/07/28/野外手帳「真夏の畦道の鳥たち」
2019/07/28/野外手帳「キスゲフクレアブラムシとチョウとトンボとアマゲーロ」
2019/07/26/表紙画像「眠たい」
2019/07/17/野外手帳「ヤブカンゾウの季節」
2019/07/15/写真倉庫545「農道ナイスカーブ」
2019/07/15/写真倉庫544「コケの縁取り」
2019/07/15/表紙画像「ガクアジサイ」
2019/07/14/野外手帳「とある日のポタリング」
2019/07/14/野外手帳「小さな世界のものすごい奥行き」
2019/07/13/野外手帳「(ごくごく普通種だけど)美しいガが舞う森」
2019/07/09/野外手帳「カッコウ少ない2019年初夏」
2019/07/08/野外手帳「ポタリング香り付き」
2019/07/07/表紙画像「ヤマホタルブクロ」

最近の覚え書きこれまでの覚え書き
2019/09/15/日
新型iPhoneにも13mm相当が載って、Galaxyやファーウェイなどスマホで超広角レンズによる撮影ができるスマホが当たり前になってきそう。超広角は望遠と並んで一眼でしか撮れない領域だと思っていた。超広角ズームを1本持っているのだけど、使わなくなってしまうかもね。

2019/09/12/木
今朝は18℃まで下がって涼しくて快適。朝方、寒くて窓を閉めたくらいです。秋がやってきた!

2019/09/11/水
昨日は、持ち帰り仕事があったのにも関わらず、飲んでTL眺めて何もせず、寝落ちて4時おきで仕事をこなし、なんとか今日を乗り切るも、今宵も同じ過程を辿りつつ、更に酒も飲みにけり。
今は絶対泊まりの山には行けない状況なのだけれど、今日はそんな現実逃避のツイートをしているうちに山の話になり、そしてものすごく登りたくなってしまった。再び行けるようになった時点で、自分にそういう体力と気力が残っているかどうかわからないけど、夢は捨てなくない。夢は?なんていう質問にこれまでは答えなくなかったのですけど、今なら黒部五郎!とか言える。技術的には問題がないので、時間さえあれば到達できた目標だった。でもいつの間にか叶えることができるかどうかわからない夢になってしまって、たぶん実現できないまま死んでいくんだろうと。人生が後半戦に入ると、本当に強い気持ちを持たないと目標を見定めることさえ難しくなるのだなと思う。

2019/09/10/火
整形外科のリハビリの、長い待ち時間にTLを遡ってみたら、台風に寄る停電で千葉がえらいことになっていた。地震の後とか、ガスより電気の復旧が一般的には早いから、オール電化のほうがいいかなと思っていたけど、こういう事態もあるのだなと。
ところが家に帰ってそのニュースを見ようとテレビをつけてみると、内閣改造のことばかり。以前から首都圏に偏ったニュース番組に疑問を持っていたけれど、千葉で大停電なんか起きていないかのような報道。千葉もこうしてスルーされるってことは、要はマスコミは地方に冷たいってことなのだとつくづく思った。

2019/09/08/日
山が、台風に吹き込む風から長野県を守っているのがよくわかる。
台風15号

2019/09/07/土
すっかり今日は土曜日だと思い込んでいたけど、まだ金曜日じゃん、辛いわーって思って目が覚めたのだけれど、今日はやっぱり土曜日だったと気づいたときの幸福感は筆舌に尽くし難い。

2019/09/06/金
上弦の月の隣に木星が見える。プロミナーを出してきて、ガリレオ衛星を眺め、妻にも見せたら木星に月があるの?とびっくりされ、こっちがびっくりした。まさか火星にはフォボスとダイモスという月があるのも知らない?と聞くと知らないとの答え。これは世の中の標準?
----------
消費税増税に関して、吉野家とすき家と松屋のちがいがどうだとかなんだとかやたらとテレビで報じられていますけど、牛丼屋の対応ってそれほど社会的に重要で影響のある話なんでしょうか。私はもう何年も行ったことがないので、ずれているのは自分なんだろうなと思う次第ですけど。都会ではどうなのか知らないですけど、自分の住んでいる地方では、牛丼屋は、外食しようと思ったらわざわざ車を出して食べに行く数多くの飲食店の中の一つで、存在感はあまりないので。通勤ルートにもないので軽く食べたいのならコンビニに寄るのが一般的になる感じです。そういえば田中康夫が長野県知事だったとき、県庁の近くに吉野家を誘致したがっていたとかいう話を聞いたことがあります。東京育ちにとって、牛丼屋ってそんなに大事な存在なのかと、当時も思ったことがありました。

2019/09/05/木
いつの間にかアオマツムシの声が優勢になっていた。窓閉めて音楽かけて車を運転しているとこういうことがわからない。自転車だったら虫の音の変化にも気づけたのでしょうけど、最近、夜の自転車に乗れていないのです。涼しくなってきたし、きっとすごく気持ちいいのだろうけど、家に帰ると速攻飲んでしまう。

2019/09/04/水
ストロングゼロを2缶買ってきて今日は1缶だけにしておこうと思ったのに結局2缶とも飲んでしまいさらに芋焼酎ロックを飲んでいるクズ。
香港のニュースは心が痛い。条例改正案の撤回が表明されたとはいえ、きっと戦いはこれからも続く。自由と人権が奪われつつある香港の人々の行動を見るたびに、日本だったら…といつも思う。日本だって国民主権はおかしい、基本的人権なんていらないっていう方々が政権与党にいるのだから他人事じゃない。自由や人権が奪われようとしていても、抗議活動やデモは迷惑がかかるからとか、そんなことしても何も変わらないからとかいって、長いものに巻かれていくのが日本の未来なんじゃないかと思う。中国や北朝鮮のような国を政府もそれを支持している人たちも自覚なしに目指している。まさにゆでガエル。

2019/09/02/月
あえて画像のアップができないSNSアプリの開発(今朝見た夢)。
…ってそれ昔のTwitterじゃん。

2019/09/01/日
妻に大変心ない言葉を吐いてしまい、後でしまったと思いつつうまく謝れずにいて勝手に凹んでいたのですが、先ほど目が覚めまして、夢の中の出来事だったとわかり、勝手にホッとしています。なんか疲れた。

2019/08/31/土
天空の城ラピュタというファンタジーに対して、ムスカにまとわりついていた虫はなんだろう?とか、地上に営巣していたヒタキは何?とか、放映のたびにツイートせざるを得ない生き物クラスタがすごくすてきだ。ふと思ったけど、外界と長らく隔絶された環境にあったと言えるラピュタに生息している鳥や虫、さらにそこに生育している植物は、固有種である可能性はないのだろうか。

2019/08/30/金
ラピュタがこんなにもTLに愛されているのに、コナンと言えば名探偵なのが憎い。そして、コナンのスタンプを思わず購入してずいぶん経ちますが使う機会がない。

2019/08/月29/木
今日の最高気温は27℃どまりだったけど大変蒸し暑い日だった。アメダスを見ると80%を切った時間帯もあるけど、朝方は100%だったし今も95%。人間は発汗に伴う気化熱で体温を下げようとする生き物だから湿度が暑さの感じ方に大きく影響するのだろうけど、他の動物はどうなんだろうか。この暑さの中毛皮や羽毛をまとっている人たちの暑さ事情は少々気になります。

2019/08/28/水
コンビニで見かけた指名手配の男が知人と同姓同名だった。…いやもしかして、同姓同名なんかじゃなくて…(今朝見た夢)
----------
歴史秘話ヒストリアで三国志をやってましたす。歴史は割と好きで、三国志も本(小説だけど)は読んだのだけれど、頭の中になかなか定着しない。これは人の名前を覚えるのが苦手ということと関連しているのかもしれない。今の上司は予備校で一緒だったらしくて(つまり年齢的にはタメ)、向こうは私のことを覚えていたらしいけど、こちらは全く記憶になくて。一緒に屋上で授業をサボっていた仲間だったということなんだけど。

2019/08/27/火
10日ちょっと前までは朝方でも27℃くらいで、寝苦しくてうんうんうなっていたのに、ここ2.3日はそれより10℃も下がって毛布がなくては寒いくらい。季節は一気に進みますね。
----------
今回のトウモロコシ爆買い事案で、日本はアメリカの植民地かっ!ってtweetがたくさん流れてくるけど、国民に主権があるのがおかしいとか、基本的人権の尊重なんて必要がないということになるくらいだったら、アメリカの植民地のほうがマシじゃね?と思うわけです。

2019/08/22/木
山頂で缶コーヒーで乾杯して息絶えた。(今朝見た夢)
----------
さっきまで所さんの番組を見ていたんですが、パンダやらオオアリクイなど、餌に難しさのある動物をグルメと表現するのはもやもやした。コマーシャルなどの引き合いで、冬ならヒキガエルも1匹が5,6万で売れるということでしたが、そのヒキガエルのその後は?と考えたりするとさらにもやもやした。シャチが一頭1億円だったのが、中国が全部買っていってしまうのでいまは一頭13億円だそうだ。そもそもシャチは飼わないほうがいいと思うので、もやもやしっぱなしの番組だった。動物を金儲けの手段としてしか見ていない人を動物好きの文脈で取り上げたことに対して、無邪気にはしゃいでいる所さんこそ、番組タイトルの通り大変な人だと思ってしまったよ。
----------
傍若無人なカメラマンを毛嫌いする自分ではありますが、カメラを持つことでとても豊かな人生を送れている気がする。カメラとはカメラとは。鳥の写真が撮りたいと思ってカメラを持ち、もちろんろくな野鳥の写真が撮れるわけでもなく、そのうちに虫や花をとるようになり、超広角にも手を出した、次は魚眼だ…。おっとその前にマクロツインフラッシュを買うんだった。ニコン純正だと高いけど、それにこだわらなければ3万くらいでいいもの買える。でもそれに踏み切れずに早数年。可処分所得の中から趣味への出費というのは、買える買えないということ以前に、日々直面する家計とのバランスがとてもむずかしい。こういうとき、やっぱりお金があったほうが幸せなのかなと思ってしまう。
----------
秋を告げるミゾソバは大好きな花で、葉っぱだけの段階からここにはミゾソバがあるなってわかるので、ずっと彼らは準備してきて、そして花をつけるんだっていうことを認識できる。植物の営みは連続的なもので、畑で作物を育てていればそれを眼にするのは当たり前なのだけれど、野草では花だけに焦点が当たりがちで、でもそれは彼らの営みを見る本の入り口にしか過ぎないのだと思う。

2019/08/20/火
天下一品のマークを進入禁止の標識として認識することで有名なホンダセンシングですが、長野県の県章も進入禁止として読み取ってくれました。

2019/08/19/月
ブロアをなくしてしまったのでキタムラに寄って帰ってきたのですが、ふと思ったのは、現像をお願いして出来上がったプリントを駐車場の車の中で早速ニヤニヤしながら確かめるあのわくわくする時間を私たちは失ってしまったということでした。なんでブロアーって黒ばっかりなんだろう、明るい色のほうが目立っていいのにと思いながら、店頭にあったのは黒いブロアーばかりだったのでそれを買ってきましたが、アマゾンを見ればオレンジとかあるじゃんね。
----------
昨日は定時ニュースでもこの昭和天皇の「改憲」の意向について報じていた。でもあの拝謁記から読み取れる一番は天皇の戦争への後悔と反省だったのではないのか。実際リンク先のタイトルも「戦争への悔恨」。なのになぜ改憲だけを特に取り上げてニュースにするのか、NHKの姿勢を疑問に思った。

2019/08/18/日
長生きしたいなんて全く思わないんですけど、毎年春が来て夏が来て秋が来て冬が来て、それぞれの季節に合わせた生き物や花が現れて、それとの出会いを毎年楽しむってことは永遠に続けていきたい。
----------
ここ1週間の猛暑日調べ。
8/10 33.4℃
8/11 35.7℃
8/12 35.1℃
8/13 36.3℃
8/14 34.1
8/15 36.2℃
8/16 34.3℃
8/17 33.6℃
ピークは過ぎたというところでしょうか。
そして8月に入ってからの熱帯夜調べ。
8/01 25℃
8/02 24.5℃
8/03 24℃
8/04 25℃
8/05 26.2℃
8/06 24.7℃
8/07 24.2℃
8/08 22.9℃
8/09 22.6℃
8/10 22.6℃
8/11 23.7℃
8/12 26.4℃
8/13 25.1℃
8/14 27.2℃
8/15 27.6℃
8/16 24.3℃
8/17 23.1℃
平年だと熱帯夜は年間0.5日しかないということなので、今年の長野は本当に暑いと言えます。

2019/08/16/金
三十三間堂の受付で高校生と間違えられた。(今朝見た夢)
----------
マイクロプラスチック系のニュースを見るたびに思うことは、でも私達はタイヤがすり減ることで発生するそれを軽減する気はまったくないでしょ?ということです。化学繊維の衣類を洗濯することだってきっとマイクロプラスチックの発生につながるだろうし。ストローやレジ袋の問題に取り組むことは大事かもしれないけど、人間は今後もマイクロプラスチックごみを大量に発生させて生きていくきったない生き物だってことです。
----------
東京オリンピック開催にはいろいろな問題があるかもしれないけど、やると決まったのだから全力で取り組むべしというツイートを読みました。でも気候の問題は全力で取り組んだってもうどうしようもないのだから、あとは死人が出ないように祈るしかないのです。
招致の段階で、この暑さの問題を指摘する人は多かったけど、オリンピックを自国開催することはいいことだっていう大多数の空気に飲み込まれてしまった感じがあると思います。暑さ対策の不備に対する批判をきっちり世論にできなかったマスコミの責任は大きいと感じます。大体、東京オリンピックの招致の出発点は「仕事がほしい」だったのだから暑さ対策なんて全く視野外だったのでしょう。だからアスリートに理想的な気候と大嘘をついてしまって、今頃になって日傘をかぶるとかアサガオを置くとか、そんなことしか考えつかない。

2019/08/15/木
台風の影響で雲がぐいんぐいんと流れていた。


2019/08/11/日
飛行は成功したが、機体の左右がそれぞれ別の宇宙を飛行していた可能性がある。(今朝見た夢)

2019/08/09/金
今日の長野市は最高気温が33.9℃で、ようやく猛暑日を脱出しました。
8/01 33.9℃
8/02 35.0℃
8/03 34.1℃
8/04 36.5℃
8/05 36.3℃
8/06 35.7℃
8/07 35.5℃
8/08 35.1℃
8/09 33.9℃
調べてみると5日連続でした。

2019/08/08/木
昨日の浅間の噴火、とりあえず夜でよかった。登山道にどのくらいの影響があったのか現時点ではわからないけれど、2014年の御嶽山を思い出してしまったよ。活火山に登るということは本当に命がけの行為なんだということを改めて思いました。焼岳もいろいろあるし気をつけなければですね。黒斑あたりに登りたいなと漠然と思っていたので、自分的にはかなりタイムリーな噴火でした。

2019/08/04/日
今朝は5時台から地区の草刈りだったので、もう一日が終わったような気分になっています。帰ってきてからまずノンアルビールを飲みましたよ。でも参加率はたぶん1〜2割程度。公道である道路の草刈りを地域住民のボラでやらせるってことがもう破綻しているのかもと思いました。今日の長野市の予想最高気温は36℃。昼間はおとなしく冷房がきいた部屋にいるか、標高を上げてみるかの二択です。
そしてこんなニュース。
----------以下引用信毎webより
北アルプスや八ケ岳など県内の山小屋の多くで物資輸送を請け負う東邦航空(東京)のヘリ2機が6月下旬に相次いで故障し、一部の山小屋で営業開始がずれ込むなどの影響が出ている。2017、18年に相次いだ同社運航のヘリ墜落事故の影響もあり、山小屋への輸送に充てられる社有機はこの2機のみ。一方で他社の運航縮小などを受け、県内の山小屋の東邦航空への依存度が高まっていた。山小屋関係者からは「1社頼み」の状況を解消するため、国や自治体とも問題を共有したいとの声が上がっている。
----------引用ここまで
これから先、これまでのような山小屋の運営は難しくなってくるのかもしれない。そうなると、登山のスタイルも変わらざるを得ないのだろうなと思う。山小屋に宿泊する客を大量にさばききれなくなるのかも。予約や人数制限は当たり前。これまで山小屋を頼りに踏み入れることができた最奥地は熟練者だけの世界になるとか。

長野は涼しくなんかない。
いよいよ2019年ということで、この間改めてブレードランナーを見たのです。やっぱり難解で一度見ただけじゃわからないことに変わりはないんだけど、映像美はやっぱりすごい。検索してみるとブレードランナーは1982年の作品。今から37年も前。その頃の記憶は当然あるわけだけれど、当時にとっての近未来に今生きているのだと思うと、なんだか面白い。未来少年コナンで超磁力兵器が使われたのは2008年。コナンの物語そのものは2028年の設定らしいけど、2028年だって今となればもうそんなに遠い未来ではない(生きているかはわからないが)。AKIRAの設定が2019年なのもブレードランナーの影響なのかな。

2019/08/03/土
下のようなツイートを見た。確かに素晴らしいというか「マシ」な上司なんだろうけど、こういうアドバイスよりは、死ぬほどやる気がない日は休んだほうがいいという考え方のほうが有用だろうし、だいたいが今日やらなくてもいい仕事だってことですませられるこの方の職業が恵まれすぎていて、「使ってください」と言われても普通の人には使えなさすぎるのではないだろうか。
----------
RT若い頃から尊敬する上司は何人か巡り合ったけど、いまだに一番重宝しているアドバイスは、「死ぬほどやる気が出ない日は、どうしても今日やらなきゃいけないこと、を頑張ってメモ帳に書き出せ。そしたら、だいたいは今日やらなくてもいいことことだったと気付ける」です。皆さんもお使いください。

2019/08/02/金
放火によって失われた京アニスタッフの死を嘆くことと、伝説の競走馬ディープインパクトの死を嘆くことは、自分の中で重なる。そこにあるのは、才能のあるなしではなくて自分との関わりなんだろう。自分との関わりのない人の死は、ニュースで毎日報じられても聞き流してしまう。大量に命が失われればその凄惨さに心は塞がるけれど、自分との関係の希薄さの感覚はあまり変わらない。だから馬刺しだって食えるんだろう。命は平等なはずではないのか。才能のない人の命を軽んじるのはおかしいのではないかという論のずれは、そこにあると思う。でも政府が京アニを支援するのはおかしいだろう。そこに個人的な関係性を持ち込めるはずはないのだから。
関わりがなければ人は冷淡になれる。自分や家族の熱中症の心配をしながら、この気候の中で行われようとしている東京五輪や高校野球を褒め称え見世物として消費しようとしている人たちのように。ノネコの問題も同じ構図だと思う。自分の好きなネコが捕獲され殺されているというネコと自分との関係性からしかこの問題を捉えていない人は、他の野の生き物の命には極端に冷淡だと感じる。

WeatherEye

鳥山絵葉書
絵葉書風味ブログ
  • 「絵葉書風味」
  • 野遊び以外のイラスト・らくがき系ブログです。
  • 気が向いたときに更新しています。